FC2ブログ

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

帰国

2014.04.07 01:53|Thailand☆
あっという間に帰国の時がやってきてしまった。

最近全くブログ書いていなかったけど、ただ単に忙しかったのでかけなかった。

フライトまで1時間半ほどあるので書きたいことをタラタラ書いていきたいと思う。

帰国にあたって、思うところはいろいろある。
大好きなタイだけど、3か月という期間を過ごしてみて、わかったことも多々ある。
頭(・・?になったこともたくさんあった。

学業というか、アカデミック面では
打ちひしがれたこともほうが多かった。衝撃の連続。
先生の無責任さに、何度腹が立ち
「このやろう~」と言いかけたか・・・・w

怒りを通り越して、あきれることも多々あった。
あ~私はこの先、昆虫食で博士を取りたいと思う限り、このコンケンの地で
怒りを何百回と押さえながら、彼女に従わなければならないのか。。。

まだまだタイは人のアイディアを平気で盗むということがまかり通ってしまう地であるという現実を某研究者(日本人)の方から教えていただいたことで、自分を守る、自分のアイディアを守ることの重要性を改めて感じたと同時に、対策方法を模索する必要性も出てきたわけで。

研究を続けて、自分だけの成果を残すためにはタイに来る前に抱いた覚悟だけでは到底足りないかもしれないと思い始めている。

だからと言って、あきらめることだけは絶対にしたくないので、『うまく立ち回る』というスキルを身に着けるよりほかに道はないと。今でも、たぶん普通の人よりは立ち回るのうまいとは思うんだけど、足りないと思う←

笑顔でうなずき、本心を隠しつつ、コネをつくり、水面下で着々と先生のポジションを狙っていくっていう。
ある意味、すっごく性格悪いんだけど、でもこうでもしないと到底やっていけない。


アカデミック面でよかったこともたくさんある。
NZの大学にapplyするにあたって、たくさんの人に出会って、たくさんアドバイスをもらえたという点。
実際に進学しようとしている大学の卒業生から情報を得られたのはよかったし、いろいろお話できてよかったと。
本当にたくさんの人に迷惑をかけて、たくさんの人に助けられて、NZの大学の願書出せたもの。
感謝感謝ですよ。


生活面では、宿取ったのは最初の1週間半であとはFULL居候だったからね。
たくさん迷惑かけたと思うけど、本当に親切にしてくれて、彼らをいつか日本に招待したい。
(博士卒業して、就職したらね)

3か月だったけど、学んだことは本当にたくさんあったよ。
自分が置かれてる状況も、普通じゃないってことがよく分かった。
初めての経験だから、比較しようがないから、言われないとわからないよね。

ほんと入学前に来てみてよかった。結局KKUには入学しないけど。
新しい道が開けたし(まだ確実だと信じられないでいるけれど)。とりあえずね。

まとまりがないけど、まあいいか。と思ったタイ時間00:10@スワンナプーム国際空港
1:00のフライトで一路、中国は北京へ。
タイから初の乗継。北京で2時間まつから、その間にも更新できたらいいな~。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

研究員Yuki

Author:研究員Yuki
女25歳
昆虫食の社会経済面の研究がしたくて日々奮闘中。

「予定は未定」
人生は予想外の出来事で満ち溢れていると25になって実感している 食用昆虫科学研究会(e-ism)のメンバー。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。