FC2ブログ

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Khon Kaen 気温変化と暑さ対策

2014.03.05 13:05|Thailand☆
タイに来て一か月半

季節というか、気温が著しく上昇してます。

1月の半ばにKhon Kaenに来た時は、15~17℃に日が2週間ほど続いていて、
そのときの宿(1泊400バーツ:ダブルベッド:机、椅子、テレビ、エアコン、温水シャワー完備)で、
日本から持参したパーカーをきて、レギンスをはいて寝ても肌寒くて、
大家さんにかけ布団を付属品のほかにもう1枚貸してもらって寝ていたのですが、

その「冬」が終わると、一気に10℃上がって、25~27℃の日々が2週間つづき、
過ごしやすいね~なんて友達と談笑していたのもつかの間。

先週から、さらに10℃上がって、現在の週平均気温は35~37℃の日々。

暑いです。


「タイは暑いもの」と覚悟してきたんだけど、でもやっぱり暑い。


昼間は暑いので、昼食時以外は大学の研究室でクーラーつけて涼み、
夜は健康的に扇風機をつけて睡眠してます。

夜の気温は23時を過ぎてようやく27,28度。
日をまたいで明け方かけて24,23℃まで気温が下がります。

Khon keanはタイの中では比較的湿度の低い地域なので、
日中はカラッとした暑さ(日差しが痛い)

夜も風通しさえ確保できれば安眠できます。(私がどこでも寝られるからかもしれませんが)
日本のように「熱帯夜で寝苦しい」ということはないです。

実は1か月ほど前から友人宅に居候しているのですが、
この友人宅にクーラーはありません。

でも大丈夫!
タイのアパートは、各部屋の1面がすべて窓になっているんです。

窓といってもブラインドみたいな窓で、開き具合を調節できるようになっています。
そして窓の内側(部屋側)には網戸が設置されていて、蚊の侵入を防いでくれます。

また、屋根も大きいので、日中を通して、日蔭の状態がkeepされています。
なので結構、すずしい!

加えて、就寝前にスイカを食べて、体温下げたり
水シャワー浴びたりすれば、完璧に爆睡できます。

暑いからといって、クーラーばかりに頼っていると、室温と外気の気温差に体がついていけず、
疲れやすくなってしまい、体調を崩してしまいます。

健康的に暑さをしのぐためには、やはり現地の人の行動をお手本にするのが1番です。

郷に従ってみるといろいろわかりますね~。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

研究員Yuki

Author:研究員Yuki
女25歳
昆虫食の社会経済面の研究がしたくて日々奮闘中。

「予定は未定」
人生は予想外の出来事で満ち溢れていると25になって実感している 食用昆虫科学研究会(e-ism)のメンバー。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。