FC2ブログ

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

VISA申請してきました

2014.07.08 23:25|進学関連
先週の金曜に、VISA申請してきました。
NZの場合、大使館には行く必要がなくて、VISA申請センターというものがありまして、そこでVISAの申請ができるようになっています。

センターはの住所が東新橋なので、新橋でおりて、ふらふら歩けばなんとか見つけることができるだろうと。たかをくくっていたわけです。

当日も家を出る前にネットで、地図もしっかり確認したし、私の記憶力は抜群だし(苦笑)、とりあえず、どうにかなると思っていたわけなのですが、

よくよく考えたら、ゆりかもめの汐留駅の近く。でも歩けない距離ではないし、たった一駅のゆりかもめに乗るなんて、アホだなと、思ったので、意地でもあるってたろ!と思い、新橋駅から汐留に向かって、てくてく歩いたわけです。

田舎者、てくてく歩く。テレビ局の前を通過し、

というか、汐留駅前にあるテレビ局って日テレ?(研究員はテレビはニュースか、映画しかみず、しかもチャンネルとか、全然わかってない人です)

汐留駅で、不安になって駅員さんに尋ねる。手にはセンターの住所をかいたメモを握りしめて。
駅員さんは、市民の味方、すごく親切に教えてくれました。さすがです。

汐留駅の真ん前には共同通信社のビルがあって、タイで取材に同行させてもらったことがあったので、(正確にはタイの昆虫食の事情みたいなものを、私がさらっと記者の方たちに説明した程度なのだけど)、そういうちょっとばかりの「縁」が、一気にどーーーーーっと心の片隅に触れて、「わ~ここがもらった名刺に書いてあったトコロだ!!!」とテンションが上がってしまいまた。なんて簡単なのだろう!!

その共同通信のビルの前を通りすぎて、JRの線路の下をくぐって、競馬の会社(JRA?JAR?←こういうのもよくわかってないw)のななめ前のファミマが1Fにあるビルに申請センターが入っています。ビルの名前がわかりにくいことがある種の特徴かもしれません。

ようやく到着。
申請センターに入る前に、厳重な荷物と身体検査があって、
「おいおい、これちょっと厳重過ぎない?」って少々ビビりました。不安になりました。

研究員は、これまで、フィリピン大使館でしかVISAを申請したことがなくて、過去の申請で手荷物検査も、身体検査をなかったので、この欧州式といえばいいのか、英国式といえばいいのか、とりあえず、そんな感じの洗礼を受けた気がしました。お国柄なのでしょうか?

NZのVISA申請は、イギリスのVISA申請センター同じ敷地内でできます。申請カウンターの数と、その位置を見る限り、NZが間借りさせてもらっている感が半端ないのですがね。

荷物、身体検査をうけて、警備のわきにあるドアを開けると、真正面に「UK VISA」と書かれたカウンターが、ドーンとあって、4つに区切られていました。

「NZ VISA」のカウンターは、部屋の片隅にポツンと一か所のみで、完全に死角の位置にあるもんだから、最初わからなくて、『え?あたしもしや、間違ってる?くるとこ間違ってる?ちゃんとあるNZ?えー?』というようにそわそわして、ちゃんと番号が呼ばれるまで、非常に不安でした。

イギリスの申請カウンターの目の前の椅子に座っていて、1カウンターあたり、10分程度で、申請が片付いていく様を観察していた私。

既にイギリスサイドでは12人ほどが申請を済ませた模様。1カウンター×3人×4か所の計算です。
よって、30分以上は待ちましたね。待っている間に、NZサイドには、際立った動きはありませんでした。
しいて言えば、私の次に待っている人が、某旅行代理店の方で、代理申請で6人分くらいいのパスポートを持っていたのですが、顔なじみらしい職員に口利きをして、書類一式を職員に預けていきました。渡された書類たちは、カウンターを経由することなく、【STAFF ONLY】ゾーンへと吸い込まれていったわけです。

その一部始終をみて、「ちぇ、茨城からわざわざ出てきて、ここまでようやくたどり着いたのに、自分より後から来た人に抜かされるなんて、世の中不公平だ!」ってちょっとイラッとしたのはいうまでもありませんん。彼らは申請待ちの時間にだって、しっかりお給料が発生していることでしょう。でも、旅行代理店の人以外の申請者は、申請の時間、お給料はでないですよね?普通に考えて。

だから、彼らは、自分の番がくるまで、ちゃんと待つべきではないだろうか?
だれだって、時間を有効に使いたい気持ちは同じなのだから。正々堂々と待つべきだ。

と、待ちながら世の中を悲観しているうちに、番号が呼ばれて申請が開始されました。
必要書類をチェックして、パスポートを渡して。。。

係員のおねーさん「はい、ではこれで申請を承りました、パスポートをお返しします」
研究員「え?パスポート返してくれるんですか?いいんですか?」
係員のおねーさん「はい、日本国籍の方はE-VISAになりますのでそちらをダウンロードして、印刷して、入国時にパスポートと一緒にご提示ください」
研究員「・・・はい。(もはや、うなずくしかない)」

前述のように、以前VISAを申請した2008年から、私のVISAの歴史は止まっていた。
VISAって、パスポートのまるまる1ページに透明なシールでピシッ!と張られているイメージが強くて、むしろそれでこそVISA!!!みたいな感覚があるから、違和感がとどまるところを知らない。

私の頭の中で繰り返される『E-VISAってなんだ?時代はいつの間に変わったんだ?』

この6年間の『VISAの進化』みたいなものに対応しきれない自分がそこにはいて、返されたパスポートをまじまじと見つめては、「わたしVIS申請したんだよね?大丈夫だよね?」と不安になっていた。申請センターを出た後も、しばらくの間なんかそわそわしてしまいました。

NZのVISAは日本で申請を受け付けた後、上海の移民局に送られて、そこで審査されて、正式にVISAが発行されるらしいです。もう、情報量がありすぎて(というか、いろいろ驚きすぎて)、いうなれば、プチ浦島太郎状態になってました。

私の申請の審査がすんなり通れば、今週の金曜にはVISAがもらえるみたいです。
スムーズに行くことを願うばかりですね~

旅立ちまで、残り2週間。
実感が、わかない!こまった、こまった。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

研究員Yuki

Author:研究員Yuki
女25歳
昆虫食の社会経済面の研究がしたくて日々奮闘中。

「予定は未定」
人生は予想外の出来事で満ち溢れていると25になって実感している 食用昆虫科学研究会(e-ism)のメンバー。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。