FC2ブログ

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

研究モヤモヤ

2014.05.11 23:11|進学関連
研究モヤモヤ病  絶賛発令中


最近、根本を考えてしまうことが多い。

開発学を学んだ私が、わざわざ経済学の博士号を取る意味はいったいなにか?

昆虫食に関して、研究してみたいことはたくさんある。
経済面も、間違いなくその中の一つで、非常に重要な部分。

そして、社会学面の調査もやりたい。こっちが私のお家芸的というか、本職的な位置づけなんだけど。


やっといて損はないとは、まさにこういうことなのかもしれない。

しかしながら、「やっといて損はない」と100%言い切れないし、懐疑的になっても仕方ない。

このままだと、すべてにおいて中途半端になってしまいそうな気がする。

特定の分野のプロフェッショナルを目指して進学するというのに、
そうなれる自信が今一つない。

そうなりたいと願う意思があるにも関わらずだ。


たぶん、ただ単に怖気づいているんだと思う。

やり始めれば、楽しくて仕方ない調査や、
研究が100%自分だけのオリジナリティーの上に成り立つとは、思ってはいないけれど、
うまくは言えないけれど、博士まで取るわけだから、七割五分以上は自分のオリジナリティーで勝負したいけど、
それを守り通せるだけの力が自分にあるのだろうか?と

はたして、やり切れるのか?乗り越えられるのか?と不安で仕方ない。

海外での生活になれることができるか?なんて、よくいわれるけど、そんなことは大した問題ではない。
不本意であっても郷に入ったら、郷に従わざるを得ないのだから。
郷に従えないというのは、ただの甘ったれのいうことだ。
だから、問題は生活なんかではない。学業である。

価値があると、信じて進もうとしている道が、本当に自分にとって価値があるかどうかなんて誰にもわからない。
現時点では、引き返さないと決めていても、引き返せないとわかっていても引き返したくなることも今後あるだろう。
人生何があるかわからないから。

というように、モヤモヤしている。
これからの研究生活を考えない日はない。
私はこの感情をマリッジ・ブルーならぬ、ドクター・ブルーと名づけた。

そもそも、進学のみで、1年もごたごたしてる&問題も多発したので、「指導者」というものへの信頼が損なわれつつあるのが一番の問題だとおもう。

今後どうなるかは、自分でもわからないが、


日本にいる間は、「嵐の前の静けさ」を存分に味わうとする。


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

研究員Yuki

Author:研究員Yuki
女25歳
昆虫食の社会経済面の研究がしたくて日々奮闘中。

「予定は未定」
人生は予想外の出来事で満ち溢れていると25になって実感している 食用昆虫科学研究会(e-ism)のメンバー。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。