FC2ブログ

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ここ最近感じる地元愛に関して

2014.05.10 21:25|徒然
昨日ブログを更新するまで、1か月以上放置していたので、
ここいらで、ちと復活させようと思う。

とはいっても、研究に関する内容はかけないので(だって、未だ無所属なため)、本日は地元愛について
つらつらと書こうと思うよ。

高校までは、若気の至りも相まって「こんな田舎早く出て行ってやる」と思っていた。

若気の至りはだいたい大学卒業するまで引きずり、
ポンポン海外への進出回数が増えてきたころに、こう地元の良さをかみしめる瞬間が増えてきた今日この頃である。

この「地元の良さをかみしめる」という感情は、決して俗にいうホームシックなどではない。

海外にいるときは、現地を十分に楽しんでいて、まったくホームシックにはならない。
日本食も恋しくはならない。

ただただ、飛行機が日本の土を踏んだ時(まぁ正確にはコンクリートの滑走路に着陸したとき)、とりあえず安心して、
空港から地元の中継地点にあるバス停までの高速バスのなかで寝て、迎えに来てくれたお父さんの車に乗り込んだ時が、
「あ~帰ってきちゃったね~日本いいね~母国!」って思うわけです。

田舎のいいところは、
美味しい野菜が食べられるところ それに尽きる。

直売所に行けば、新鮮な、旬の野菜たちが並べられていて、野菜好きとして、幸せな時間を過ごすことができる。

春はとれたてのアスパラガスや、地元産の掘り出したてのタケの子、タラの芽にこしあぶらなどの山菜
夏はもぎたてきゅうり、トマト、茄子にスイカ
秋はきのこ類がたくさん
冬は白菜、大根にかぼちゃ

新鮮な野菜を調理して幸せに浸っています。

豊かな自然がよい。特に今の季節は緑が豊かで、晴れの日は最高に気持ちいいよね~


という自己満足色100%の記事でした。


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

研究員Yuki

Author:研究員Yuki
女25歳
昆虫食の社会経済面の研究がしたくて日々奮闘中。

「予定は未定」
人生は予想外の出来事で満ち溢れていると25になって実感している 食用昆虫科学研究会(e-ism)のメンバー。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。