FC2ブログ
--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2015.12.17 10:51|New Zealand
やばい。忙しすぎて11か月もブログを放置していた。
自分は思いのほかマメではないのだな。。。。。

10月20日から11月29日まで日本に一時帰国していた。友人の結婚式があったのと、1年NZにいて心身共に疲れてしまったため。
かえってリフレッシュでも。。。と思っていたのだ。

リフレッシュというものは最終的にはできなかった。博士課程として研究するために必要な条件であった単位の取得が、素晴らしく悪い結果に終わったからだ。

国際地域学から経済学に分野を変え、ただでさえ苦手な英語で、未知の分野の講義を応用レベルから学ぶというのは、本当につらい。自分ではいくら頑張っても、他の学生たちとの差は歴然だったりする。

日本滞在の最後の3週間は悪夢であった。自分のホームにいるのに安心できないどころか、毎日胃がムカムカしていた。

自分の出来なさにほとほとあきれたというか、ここまで頑張っても報われないことがあるのかと思ったほどだった。
NZ帰国後に待ち受ける教授とのmeetingも苦痛で仕方なかった。

こっちでの博士課程を、本気でやめようと思った。如何せん、なんとなく馬鹿らしい。
できる限り努力したのに、むくわれないどころか、NZ来てからよいことがなんにもないような気がして。

研究をしに来たのに、自分の研究との関係性のない授業を取らなければいけないなんて、でなくたって時間もエネルギーもその授業をPassするためだけに消耗するわけで、1年間自分の研究なんて何一つできていないのだ。馬鹿らしくも思う。
やめたくなって当たり前だ。

親しい友人、親、先生方には散々駄々をこねて、やめてやる!と啖呵を切ったものの、現在も学生としてOfficeにいるのが現状である。
こちらの同志たちにかなり怒られたというか説教をされたのと、8:2=やめる:続けるという心の中の比率の2割あった続けるという気持ちが最終的に欲を出したのだ。

かつ結果も条件付き継続となったため、とどまることができている。

さてどこまで続けることができるのやら。。。。。。



スポンサーサイト
11 | 2015/12 | 01
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

研究員Yuki

Author:研究員Yuki
女25歳
昆虫食の社会経済面の研究がしたくて日々奮闘中。

「予定は未定」
人生は予想外の出来事で満ち溢れていると25になって実感している 食用昆虫科学研究会(e-ism)のメンバー。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。